便秘や下痢でお腹の調子が悪い!!
それ、もしかしたら骨盤の歪みが原因かも。
Private Salon acero

女性のお悩みで多い便秘

あなたはどうでしょう??

毎日スッキリ快便です!!

なんて方、女性は特に少ないと思います。

皆さん、何かしらお悩みを抱えている。

 

3日以上出ないことはよくある。

一応毎日出てるけど、常に残留感がある。

腹痛で悩まされることが多い。

お腹が固く張っている。

痩せているのにお腹だけポッコリ。

軟便と便秘を頻繁に繰り返す。

など、お腹の不調は様々です。

あなたは当てはまる点、ありましたか??

 

腸の調子を整えるための腸もみや腸活も、

数年前から流行っているので、気にかけている方も多いと思います。

食べ物や飲み物に気を付けてみたり、

マッサージをしている方もいらっしゃると思います。

もちろん、これらもとっても大事です。

ですが、なかなか改善されない、と言う方は、もしかしたらもっと違う所に原因があるかもしれません。

腸だけでなく、お身体全体に目を向けてみるのも良いかもしれませんよ。

お腹の調子が悪くなってしまう原因
Check!
腸内環境を整える事は大切!!
しかし、それだけじゃないことも事実。
骨盤の歪みを整える事で、ポッコリお腹も解消可能!!
Point
1

お腹の不調の原因とは??

便秘や軟便などのお腹の不調。

これらがどういった原因で起こってしまうのか?

それをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

1.腸内環境の悪化

これは、もう皆さんご存じだと思います。

私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、その数なんと、約1,000種100兆個。
特に小腸から大腸にかけて生息しており、これらの様々な細菌がバランスをとりながら腸内環境を良い状態にしています。

近年では【腸内フローラ】と言う言葉も、良く使われているので、CMなどで耳にしたことがある方も多いと思いますが、

顕微鏡で腸の中を覗くと、この細菌たちがまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、【腸内フローラ】と呼ばれるようになったんだそうです。

つまり【腸内フローラ】=【腸内の細菌】の事なんです。

この【腸内フローラ】は大きく分けて3種類に分類されます。

 

①体に良い働きをする【善玉菌】

代表的なのは、ビフィズス菌乳酸菌のフェーカリス菌やアシドフィルス菌などです。

悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促すことによって、お腹の調子を整えてくれます

また善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助ける作用もあります。

 

②体に悪い働きをする【悪玉菌】

ウェルシュ菌などが、腸内で有害物質をつくり出します。

この悪玉菌は、脂質や動物性のたんぱく質を好みます。

悪玉菌が増えてしまうと、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあるのです。

 

③どちらにも属さない【日和見菌(ひよりみきん)】

腸内の善玉菌・悪玉菌の、優勢な(多い)方に味方します。

 

これら3種類のバランスがとても大事で、特に食生活の乱れなどで、悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌が作りだす有害物質も増えてしまうため、便秘や下痢、肌荒れやアレルギーなどを引き起こす原因となってしまうのです。

私たち日本人は、元々は野菜や穀類中心の食生活だったので、善玉菌にとって良い環境でしたが、
近年、食事が欧米化してきたことにより、お肉類中心の食生活に変わってきてしまいました。

お肉類の多い食生活になることで、腸内では、脂質や動物性たんぱく質を好む悪玉菌が増えてしまうため、健康な腸内フローラを保ちにくくなってしまっているのです。

 

ファストフードお菓子が好きな方はもちろんですが、

ダイエットのために、高タンパク質のものを多く摂取している方も、実は注意が必要なんです。

そして、食生活以外にも、「加齢」「ストレス」「抗生物質などのお薬による副作用」など、

腸内フローラのバランスが崩れてしまう原因はいくつかあります。

食生活はもちろんですが、ストレスを溜めないと言う事も大切な事なんですよね。

 

 

2.運動不足やストレス

大腸では蠕動運動と呼ばれる筋肉の動きによって便が運ばれています。

この蠕動運動には自律神経が大きく関係しています

なので、ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れてしまうと腸の働きも悪くなってしまい、便秘や軟便を引き起こしてしまう可能性があるのです。

ストレスの影響で、大腸の蠕動運動に連続性がなくなり、便の通過に時間がかかり過ぎてしまい、便秘となってしまうのです。

また、朝食をとらなかったり、運動不足などの乱れた生活習慣でも、この蠕動運動は弱くなってしまうと言われています。

適度な運動も大切ですね。

 

この他にも「直腸性便秘」と呼ばれる便秘があります。

通常、運ばれてきた便が大腸から直腸に入ると、直腸のセンサーが働き便意を催し、そこでトイレに行くと、ふだんは肛門を閉めている肛門括約筋が緩み、排便に至ります。

ところが、便意を習慣的にがまんしていると神経の感度が鈍って、直腸に便が入っても便意を催さなくなってしまうのです。

これが「直腸性便秘」と呼ばれるものです。

自宅以外でしたくなかったり、旅行中に友人と一緒にいると出来なかったりして、日常的に我慢している事が多いと、こういった便秘になってしまうのです。

これは、男性よりも女性が便秘になりやすい理由の一つですよね。

 

 

3.骨盤やお身体の歪み

大腸は骨盤内にも入っております。

なので、骨盤が歪んでしまうと、その影響で大腸やその周辺の筋肉や筋膜も歪んでしまいます。

すると、筋肉や筋膜、大腸は本来の働きが出来なくなってしまうので、便秘や下痢などお腹の不調に繋がってしまう可能性があるのです。

また、骨盤が歪んでいると言う事は、そこだけでなく、お身体全体が歪んでいる可能性が高くなります。

背骨が肋骨などが歪むことによって、内臓が下垂するなどの位置異常が起こります。

胃や肝臓、すい臓などの下にあるのが小腸や大腸なので、この影響を受けてしまいます。

胃などに押されて下垂してきた腸は骨盤内に入り込むため、下っ腹がポッコリ出てきてしまうのです。

それだけではなく、上から押されている分、腸全体の動きも悪くなってしまいます。

なので、結果的に、便秘などのお腹の不調に繋がってしまうのです。

ポッコリお腹でお悩みの方は、特にこの可能性が高いので、骨盤などのお身体の歪みを整えてあげる事がおすすめです。

Point
2

自宅では何をしたら良い??

便秘や軟便などお腹の不調でお悩みの方に、今すぐできるご自宅でのケア方法をいくつかご紹介いたします。

 

1.腸内フローラを整える

先程もお話しましたが、食生活の乱れから腸内フローラのバランスは崩れてしまいます。

特に現代人は、悪玉菌が増えやすい食生活になっているので、積極的に善玉菌を増やす食生活を心掛けるのがおすすめです。

乳酸菌ビフィズス菌などの善玉菌は特に発酵食品に多く含まれています。

ヨーグルト納豆キムチ味噌ぬか漬けチーズなどを日常的に摂取するのがおすすめです。

悪玉菌が脂質や動物性のタンパク質を好んでいるように、

善玉菌にもより活躍できるための栄養源となるものがあります。

それが【オリゴ糖】【食物繊維】です。

発酵食品と合わせてこれらを摂取することで、より効果的に腸内フローラを整えられると考えられます。

 

食物繊維には【不溶性食物繊維】と【水溶性食物繊維】があります。

【不溶性食物繊維】とは、

その名の通り水に溶けない食物繊維です。

不溶性食物繊維は、胃や腸のなかで水分をたくさん吸収します。
それによって便の体積が増えて、大腸の刺激になり、排便が促されることになります。

さらに便に有害物質をぴったりと吸着させて、便と一緒に体外へ出すため、大腸がんなどのリスクを減らすともいわれています。

不溶性食物繊維を多く含む代表的な食品は、

ゴボウなどのお野菜や、大豆などの豆類

玄米や、キノコ類などです。

 

【水溶性食物繊維】とは、

その名の通り水に溶ける食物繊維です。

水に溶けるとゼリー状になるのが特徴で、

ドロドロやぬるぬるとした粘りのあるもので、水分を保持する力が強いものでもあります。

便をやわらかくしたい場合は【水溶性食物繊維】が効果的です。

そして、この【水溶性食物繊維】が、善玉菌のエサとなるため、より善玉菌を増やす効果があるのです。

水溶性食物繊維を多く含む代表的な食品

昆布わかめなどの海藻類

熟した果実イモ類キャベツ大根などの野菜類です。

 

とは言え、食物繊維はどちらかだけを多く摂れば良いと言うものではもちろんなく、

そのバランスが大切です。

このバランスが取れていて、かつ、扱いやすい食材をいくつかご紹介します。

アボカド・ゴボウ・ほうれん草・リンゴ

しめじやなめこなどのキノコ類

納豆

などがおすすめです。

 

そして、食物繊維をより多く摂取するためには、やっぱり和食がおすすめ

白米を玄米や雑穀米に変えるのもおすすめですし、

和食なら小鉢でプラス一品しやすいのも嬉しいですよね。

外食する際には、お浸しや切り干し大根、ひじきの煮物なんかをプラスしてあげるのがおすすめです。

食物繊維をたくさん取るためには、お野菜をたくさん食べる必要がありますが、

サラダなどの生野菜だとあまりたくさんの量は食べられませんよね。

そんな時は加熱調理がおすすめ。

スープや煮物などでお野菜に火を通してあげれば、量も少なくなるので、1日に必要な摂取量も無理なく摂る事ができますよ。

このように工夫しながらなるべく毎日摂取してあげるのがおすすめです。

 

そして、もう一つエサであるオリゴ糖

こちらを多く含む食品は次のようなものです。
大豆などの豆類

たまねぎ・ ねぎ・ごぼう・にんにく・アスパラガス・ブロッコリー・カリフラワーなどの野菜類。

アボカド・バナナなどです。

私のおすすめは

無糖のヨーグルトにバナナをトッピングし、その上から軽くオリゴ糖のシロップをかけるだけの簡単デザート。

忙しい朝などにもってこいです。

是非無理のない程度に続けてみてくださいね。

 

それと、お食事ではないのですが、大切な事がもう一つあります。

それは、毎日たっぷりのお白湯(お水)を飲むこと

お白湯を飲むことで、流れが良くなり、お腹の調子も整いやすくなります。

コーヒーやお茶などは含めずに、お水だけで1日に1.5L位飲めるのが理想です。

その内、お白湯の割合は半分ほどの800mlまでにしておくと良いと言われています。

普段あんまり水分を摂れてないなぁって方は、是非試してみてくださいね。

 

 

2.自律神経を整える

自律神経は、アクセル的な役割の【交感神経】

ブレーキ的な役割の【副交感神経】から成り立っています。

交感神経とは、運動するとき等、身体が活発的な時に優位になる神経で、

副交感神経は、逆にリラックスする時に優位になる神経です。

この二つの神経が交互に入れ替わり、バランス良く働いている状態が【自律神経が整っている状態】と言えます。

 

しかし、ストレスや生活習慣の乱れからこのバランスが崩れてしまい、自律神経は乱れてしまいます

なので、定期的にリフレッシュしたり、ご自身の生活習慣を見直してみるのが大切なのです。

時間を気にせず趣味に没頭する日を作ったり、

気を使わないで会える友人と思いっきり遊ぶ、なんて事も大切です。

都会から離れ、山や海など自然に触れてみたり、

1日SNSを見ないとか、スマホを触らないなんて日を作ってみるのもおすすめです。

最初はソワソワ落ち着かないと思いますが、やってみると意外と平気だったりしますよ。

常に手元にあって、見ちゃうから色々と気になっちゃって、脳も心も休まらないので、「一度手放してみる」と言うのはとてもおすすめです。

心のデトックスのお供に是非お試しください。

 

そして、生活習慣を見直すのに一番大切なのは睡眠の質です。

ベッドに入ってもなかなか寝付けない

朝スッキリ起きられない

と言う方は、寝ている間も、アクセル的な役割の交感神経が優位になってしまっている可能性が高いと考えられます。

本来リラックスするための時間なのに、お身体が興奮してしまっていたら、疲れはとれてくれません。

ただ寝るだけではなく、副交感神経を優位にし、質の良い睡眠をとれるように、生活習慣を見直してみましょう。

今日からすぐにできる質の良い睡眠をとるための方法をいくつかご紹介しますね。

全部はできなくても、これだったら出来るなって物から少しずつ試してみてくださいね。

 

【質の良い睡眠をとる方法】

1.お食事(特に固形物)は、睡眠予定時間の3時間前までには終わらせておく。

 

2.シャワー浴だけでなく、ゆっくり湯船に浸かってリラックス。

 その際、お湯の温度は38~40℃位にしておきましょう。

 ぬるめの温度に設定することで、リラックスする神経の副交感神経が、優位になりやすくなります。

 逆に熱めにしてしまうと、交感神経が優位になりやすくなってしまうので、注意が必要です。

 好きな香りの入浴剤などを使用するのも、よりリラックスできておすすめです。

 

3.睡眠の最低1時間前には照明を落とし、スマホやPC、テレビなども消す。

 

4.軽いストレッチやマッサージをする。

 

5.好きな香りのアロマでリラックス。

 

6.枕元にスマホは置かない。

 

7.大の字で寝る

 

8.朝、目覚めたら、すぐにカーテンを開け、まず朝日を15~20分位浴びる。

 朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、スッキリ目覚める事が出来ます。

 また、自然な眠りを誘う作用のある【メラトニン】と言うホルモンはこの光に大きく関係しています

 メラトニンは目覚めてから14~16時間後に分泌されるので、毎朝同じ時間に目覚めるようにしておけば、自然と夜同じ時間に眠くなってくれるようになります。

 夜中に強い照明の中にいると、このメラトニンの分泌が抑えられるため、眠れなくなってしまうのです。

 そういった意味でも、就寝前はなるべく早く照明を落とし、テレビなども消してあげるのがおすすめです。

 

 

3.ストレッチや適度な運動

生活習慣を整えるためには、暴飲暴食をしないと言う事や、

日頃からストレッチ適度な運動をすることも、とても大切です。

特に骨盤や股関節周りは腸と大きな関係があるため、ここが固くなってしまうと、腸の働きも弱くなってしまう可能性があります。

お風呂上がりの身体が温まっている時に、少しずつ伸ばして柔らかくしてあげるのがおすすめです。

ストレッチを行う際は

急に行わずに、徐々に慣らしながら行う。

痛くない範囲で、気持の良い範囲で行う。

サクサク動かすのではなく、ゆっくり大きく丁寧に行う。

呼吸は止めずに、特に吐く息に合わせて伸ばす。

と言う事を意識してあげると、効果が出やすくなります。

是非試してみてくださいね。

 

また、お腹が張っているなと感じている方は、ご自身で軽く腸のマッサージをしてあげるのもおすすめです。

この時も決して強く行わず、軽く押す程度で十分です。

次のようなマッサージを是非お試しください。

 

【簡単!腸マッサージ】

骨盤の前側にある左右のボコッと出ている骨。

ここをASISと呼びます。

1.右のASISの少し内側に両手を重ねて置き、軽く2回位押します。

 

2.手の位置を少し上(頭側)に移動し、同じようにプッシュ。

 これを繰り返し、肋骨の下まで行います。

 

3.肋骨まで来たら方向転換。

 今度は横(左側)に少しずつずらしながら、同じように軽くプッシュを繰り返します。

 

4.左側の肋骨まで来たら方向転換。

 今度はそこから下に向かいます。

 左側のASISに向かいながら、少しずつ手の位置を移動し、軽くプッシュを繰り返します。

 

5.ラストは左のASISから恥骨に向かって。

 同じように手の位置を少しずつずらしながら、軽くプッシュ。

 

お腹を大腸の形に合わせて【の】の字を描くように動かしながらプッシュしてあげるだけです。

硬い所があれば、少し多めに押してあげてもOKですが、強くやりすぎないようにだけ気を付けてください

仰向けで行うとやりやすいので、就寝前のリラックスタイムに行うのがおすすめです。

とっても簡単なので、是非今日からでも行ってみてくださいね。

 

そして、腸の働きを良くするためには、ストレッチだけではなく、周辺の筋肉の適度な運動も大切です。

運動と聞くと

でも運動って苦手だし・・・

そんな時間ないし・・

走りたくない・・・

ジムに行くのはハードルが高い・・・

なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

そこまで構えなくても大丈夫です。

 

例えば、通勤時にいつもより一つ手前の駅で降りて、一駅分歩くだけでもいいですし、

エスカレーターを使わずに、階段を使用するだけでも良いです。

いつもはネットショッピングばっかりだけど、あえてお店に行くって言うのも良いですよね。

アウトレットのような大きなショッピングモールなら、そこで歩いているだけでもかなりの運動量になりますよ。

小さいお子様がいらっしゃる方なら、テレビを見ながらお子様と一緒にダンスをする、なんて言うのも良いですよね。

 

こんな感じで、出来るところから始めてみる事。

そして、楽しみながら行う事が大切かなと思います。

何事も楽しくなくちゃ続かないですからね。

そして、週末だけがっつり運動する、と言うよりは、毎日コツコツ行う方がおすすめです。

なので、是非無理なく行ってみてくださいね。

Point
3

美容矯正サロンで便秘解消!!

食生活は気を付けているし、生活習慣もそこまで乱れていないはずなのに

何故かお腹の調子が悪い

と言う方は、骨盤の歪みが原因かもしれません。

そんな時は、プロの手を借りるのがおすすめです。

 

一度しっかりと全身の歪みを整えて、正しい姿勢をお身体に覚えさせてあげる必要があります

長い年月をかけて出来上がってしまった歪みは、お身体自身、それが正常だと勘違いしてしまっています。

だから、ご自身でストレッチなどをしていても、なかなか歪みを取り切るのは難しいんです。

 

東京 恵比寿の美容矯正サロン Private Salon acero(プライベートサロン アチェロ)では、

骨格矯正をはじめとした、様々な矯正を用いて、

骨盤だけでなく、足の爪先から頭の先まで、お身体全体の歪みをくまなく整える事が出来ます。

 

中でもPrivate Salon acero(プライベートサロン アチェロ)がおすすめな理由は、内臓矯正ができる事。

内臓が弱まるとそれに影響して、骨格にも歪みが出てきてしまいます。

また、逆に骨格や筋膜のゆがみによって圧迫されると、内臓の位置異常や機能低下がおきてしまいます。

 

腸をはじめとする内臓に直接アプローチしたり、

反射区を用いて間接的にアプローチすることで、

内臓の機能的な活動の改善や、位置異常の改善

が期待できます。

 

骨格矯正をし、全身の歪みを改善する事で、内臓の位置も整いやすくなりますが、

さらに内臓矯正を加えることで、機能的な活動の改善も期待できるため、

より早く、便秘や軟便などのお腹の不調を改善できる可能性が高いのです。

 

内臓矯正なんて聞くと、

「なんかちょっと怖いな」

なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

Private Salon acero(プライベートサロン アチェロ)内臓矯正は、

「触れているだけなのでは?」と思ってしまうほど、施術自体とってもソフトで優しいものになっております。

 

この他にも筋膜の歪みをオイルを用いて優しく整える【筋膜矯正オイルセラピー】

2足歩行である私たち人間の土台となっている足先を、1つ1つの骨を丁寧に動かすことによって歪みを整える【クラニオパシーフットケア】

など、様々な矯正法を用いて、それぞれのお客様に最適な施術をご提供しております。

 

そしてこれらの施術は、どれもとても優しくソフトなオールハンドの施術になっております。

マッサージや身体を触られるのが苦手で・・・

なんてお客様でも、いつの間にかウトウト眠ってしまうほどです。

 

Private Salon acero(プライベートサロン アチェロ)

の優しい施術なら、美容矯正が初めてで不安と言うお客様でも、安心して受けて頂けると思います。

 

お身体の歪みを根本から解決することによって、

気になっていたお腹の不調や張り、

疲れや怠さなども改善する事が出来ますよ。

1名での営業のため、お電話に出られないことがございます。予めご了承ください。
03-6456-4032 03-6456-4032
営業時間:   平日 11:00~22:00
     土日・祝日 10:00~20:00
Access

最寄り駅からは徒歩圏内にあるためお買い物帰りにお立ち寄りいただくのにも便利です

概要

店舗名 Private Salon acero
住所 東京都渋谷区恵比寿1丁目24-3
ユニテE 803
電話番号 03-6456-4032
営業時間 平日 11:00~22:00
土日祝10:00〜20:00
定休日 不定休

アクセス

JR各線 恵比寿駅より徒歩でお越しの場合
東口改札を出たらそのまま直進し【恵比寿1~4丁目方面】の出口からエスカレーターで下り外へ出ます。
エスカレーターを降りたら右へ進み階段をさらに下ります。
地上へ出たら【セブンイレブン】や【ドトールコーヒー】のある道をそのまま直進します。
交差点に着いたら、こちらも直進し、【びっくり寿司】と【ルノアール】の間の道を進んでいきます。
そのまま道なりに5分ほど進みます。
右手に【食パンのお店 に志かわ】や【スバルのショールーム】などがある道になります。
最初の信号【恵比寿橋南】の交差点を渡り直進したらそこから3つ目のマンション【ユニテE】になります。
当マンションは恵比寿駅を背にして右手側にございます。
【恵比寿検診センター】の一つ手前です。
オートロックのマンションになっておりますので、部屋番号【803】を押し、呼び出してくださいませ。
特徴

東京 恵比寿の美容矯正サロンPrivate Salon acero(プライベートサロン アチェロ)

女性専用完全予約制のエステサロンです。

 

オーナーセラピストが一人で営むそのサロンは

落ち着いた雰囲気なので、大人の女性に特におすすめです。

 

白を基調とした店内は、アットホームでありながら清潔感があり、

初めてご来店されたお客様からも「ほっとする」と好評です。

うっすらと流れる心地の良いBGMと優しく香るアロマの香りが心地よい眠りを誘います。

 

Private Salon acero(プライベートサロン アチェロ)なら

ただお身体を整える、健康になる、綺麗になる

だけでなく、日頃のお疲れを忘れて、

気持ちまで一度リセットすることができますよ。

 

誰にも会うことの無いプライベートサロンだからこそ、

心も解放され、ゆったりと過ごすことができるのだと思います。

是非あなたも、御自分だけの特別なお時間を楽しんでみてくださいね。

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事